【無料】初心者のためのアフィリエイトブックを無料プレゼント!詳しくはコチラ>>>

今後の日本は〇〇状態、だからこそ副業はやるべき

副業やネットビジネスはこれまでに
時代と共に変化を遂げてきました。

最近、老後2000万円問題
コロナショックの影響を受けて
副業やネットビジネス、資産運用を始める方が
増えてきたのではないでしょうか??

 

時代的に、これらって“やった方が良い”ではなく
“やって当たり前”な時代になってきます。

日本の子供7人に1人が貧困

もはや他人事ではない

日本人の子供7人に1人が貧困との統計が出ています。

 

貯蓄ゼロの20代が60%、

30代40代の40%が貯蓄ゼロです。

 

リスクを取らないことが
どれだけリスクなことなのか。

 

ここまで親切に
示してくれている国は
どこ行ってもありません。

 

お金が無いから
リスクが取れないのではなく、
リスクを取らないからお金が無いんです。

 

僕はリスクを取ることこそが
今できる最大のリスク分散だと
考えています。

国の施策には目を光らせておけ

政府、国はこのような施策に出てきています。既に、タイムリミットは始まっています。

  • 人手不足対策
  • 増税対策
  • 年金対策
  • 国民一人ひとりの生産アップと国力の強化

人手不足対策について

少子高齢化により、高齢者が増える中で働き手が減ってきています。

一つの会社でしか働けない人間が増えてくると、高齢化社会が広がっていくと同時に人手不足は悪化していくとされているのです。

それを見越して、政府は最悪のシナリオを避けるべく“副業解禁”をしたわけです。

増税対策は何のため?

財政悪化を食い止めることが未だにそこまで出来ていないので、借金は増え続けています。

国民一人の収入を上げない限り、税金が支払われなくなってしまう事を恐れているのです。

副業をする事で収入源は増え、払えるお金も増える事を考えているんです。

年金対策について

定年退職後の生活が今多くのメディア局に取り上げられており、多くの人々からは不安の声が続いています。

国は「副業で収入を増やし、将来の為に貯蓄して欲しい」と言っているのです。

国民一人ひとりの生産を求められる時代へ

今までは会社に行って働く事で、企業の成長へと繋がっていました。

しかし今や令和、時代はどんどんと進化を遂げていきます。何が言いたいかと言いますと、個人スキルや知識をもっと身につけて経験値を積んでほしいというのが政府が考えているのです。

国民の生産力=国力なので、上げていく事で更なるグローバル時代に世界と対等に渡り歩いて行けるわけです。

つまり、政府どうこうの前に僕ら国民が個々のレベルを上げていかないと他国から馬鹿にされます。

日本はアジア一番の学ばない国とも言われいています。

アメリカや他国に比べて、起業家が少ないのも納得がいきますね。

老後2000万問題とは?

深刻な老後

厚労省が発表した老後2000万問題は、
実際にはこの金額の倍以上になると言われています。

定めた老夫婦が
1ヶ月生活するのに必要な費用は
24万とされています。

先ず皆さんが思い描く老後って
定年で退職して老後を過ごすイメージですが
そもそも働いていて
給料も24万も貰えていない状況で
「老後夫婦で24万?!」と感じますよね?

 

これを80歳まで生きると計算した場合…

 

24万(1ヶ月)✖︎12ヶ月(1年)✖︎15年間=4320万円

このような計算になります。これが何を意味するか分かりますか??

 

会社員一筋で、45年間働き続けた場合…

 

8万(1ヶ月の貯金)✖︎12ヶ月(1年)✖︎45年間=4320万円

 

1ヶ月の貯金が8万円、というのは中々大変ですよね。
色々と差し引かれた手取りの給料から
更に家賃や生活費や遊ぶお金などが出ていき
手元に残るのはいくらでしょう?

 

ゾッとしませんか??

普通に貯金しているだけではダメだった?

あなたの預金を喰う”死のメガバンク”

皆さんが日頃使っている銀行、
バブル経済成長期やひと昔であれば
利率も8%など存在していたので
“お金を預ける”のが当たり前でした。

100万円を預けたら1年で16万円も利子で返ってくるわけです。

 

では、今はどうでしょうか?
普通預金は0.002%しかないですよね?

 

ここでもう一度頭を叩き起こして聞いてください。

 

皆さんがお金を出金する際、
手数料で数百円引かれてませんか?

 

気づいた方は、鋭いです。
そう…

 

お金を貯めるために
預けているのに、

銀行は0.001%しか
増やしてくれず

尚且つ手数料で儲けているんです。

 

お金を預けると、お金が減る仕組み
実は銀行は作っているんですね…

これに気付いてしまった時、
僕は貯金をやめて
知識とスキルなどの学びに自己投資、
余った現金は資産や投資に回しています。

 

現金で持っていても
資産価値は
原価22円でしかないからです。

第四次産業革命が始まっている

この背景には、悲しい現実しかない

2020年に5Gが始まっています、
これによって
通信速度が凄まじく早くなり
AIの進化スピードも加速させます。

 

企業もIT化やテクノロジー化が
進むでしょう。

世の中はものすごく便利になる、
しかしこの背景には
悲しい現実が待っています。

 

現状、起っているのは
ファミマで3000人
セブン&アイで1500人
黒字にも関わらずリストラ。

 

2045年に囁かれているのは、
AIと人類が同等になるとされております。

その頃に日本の労働人口の49%の
職業をAI(ロボット)が奪うのでは
ないかとのことです。

4万人のリストラではない事を知っていますか?

ニュース等でも4万人がリストラと騒がれていますが、
あの数字はハローワークに行った方々の数字です。

ハローワークで仕事を探す際に
個人データを申請時に渡すので
求職者の人数で統計が取れます。

 

しかし本当に4万人でしょうか?

 

例えば、ジムのインストラクターやブロガーなど
フリーランスで頑張っている方々も
実質的にはリストラと同じです。

ですがフリーランスになった人が
ハローワークに
行く訳がないですよね?

 

また、仕事を探してまだ見つからない人達も
ハローワークに言って申請し仕事を探すのではなく
スマホやパソコンで仕事を探している方々が
全国でかなりいます。

その方々を4万人に含めたら、
数十万人がリストラという訳です。

 

メディアや政治は情報操作ができます。
本当の数字を出せば国民が混乱し
国が崩壊してしまうからです。

国に頼らない、最後は自分で自分を守ること

誰もあなたを守ってくれません

いかがでしたか?
これらは全て現実のお話です。

かけ離れたお話ではなく刻一刻と
僕らに迫ってきています。

 

いくらあなたが優秀でも
それを上回る優秀なAIが導入されたら?

 

会社員=安定だからいいや」で
毎週金曜日に
飲みに出歩くんではなくて
しっかりとこの現実と
向き合ってほしいです。

 

コロナショックの件で分かったことは
国の対応は遅く完全に国民を
守りきれなかったことです。

倒産した企業もたくさん出ました、
リストラされて職を失ってしまった方も
たくさんおられます。

 

今動いて後悔しない道を選択するか、
後で気づいて後悔してからでは圧倒的に
人生が変わります。

 

なので、自分や家族などの
大切な人達を守るためにも

個で稼ぐスキルを学び
それらを運用して
守っていく方法を

学んでいきましょう!

 

資産形成→資産運用→資産保全
順番を守りましょう。

※いきなり資産運用しても
お金は増えません。

これにはちゃんと順番があります。

お金を何に使うのか?ではなく
お金をどう増やすか?を考えるのです。

ニュースとかでは中々流せない事、
流れていたとしても
理解できなかったことを
少しまとめてみました。

 

少しでも多くの方が
行動を移すきっかけになれればと
思っております。

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

error: コピペは禁止行為です。